過払い金が発生する原因

###Site Name###

消費者が消費者金融のキャッシングや信販会社のクレジットカードを利用した場合、その返済時には元金に加えて利息を支払う必要があります。


この利息に関しては消費者金融や信販会社などの貸金業者がそれぞれ独自に金利を設定し、利息の金額が計算されることになっています。

ただし、貸金業者の金利については法律によってその上限が定められており、その上限を超える金利での利息を消費者に請求することは禁じられています。

しかし、この貸金業者の金利の上限については利息制限法と出資法という法律がふたつ存在していたために、いわゆるグレーゾーン金利というものが生まれることになってしまいました。



このグレーゾーンが生まれたことが過払い金の発生する原因となってしまったのです。

特徴のあるエキサイトニュースの様々な情報を掲載しています。

過払い金とは、本来であれば消費者が支払わずに済むはずの利息のことです。

過払い金の情報はココで集まります。

グレーゾーン金利のことを知らない人の場合、貸金業者からの請求通りに余分な利息を支払い続けていたのです。
しかし、この過払い金は消費者が支払う必要のない利息であるので、返還請求をすることで支払い過ぎた利息を取り戻すことができます。


過払い金返還請求は基本的に司法書士や弁護士へ依頼をすることになりますが、支払い過ぎた利息が戻ってくることで借金の大幅な減少や、場合によっては借金そのものがゼロになる可能性もあります。

過去に消費者金融や信販会社からお金を借入れた経験があるという人は一度、過去の取引履歴を見直して過払い金が発生していないかを確認してみてはいかがでしょうか。