グレーゾン金利で支払った分は過払い金請求できます

###Site Name###

過払い金請求とは、利息制限法と出資法の上限金利の差額分を返還請求することです。消費者金融やカード会社は出資法の上限である29.2パーセントの金利で個人に融資していましたが、法律が改正されたことにより利息制限法の上限利率以上で支払った分の過払い金を返還請求することが認められました。

Girls Channelの新しい情報です。

利息制限法の上限比率と出資法の上限比率の差をグレーゾーン金利、支払った金を過払い金と呼びます。

法律が改正された2010年以前は多くの消費者金融やカード会社が出資法の上限いっぱいで融資しており、お金を借りていた殆どの消費者がグレーゾーン金利の過払い返還を求める権利を有しています。

ニコスの過払い金サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

過払い金請求を行う手順は、取り引きのあった消費者金融やカード会社に連絡をして取引履歴を取り寄せることから始まります。

法律によって取引履歴は保存して管理することが定められているので、どこの貸金業者でも必ず保存して残してあるので取り寄せることが可能です。

取引履歴を取り寄せたら、実際に支払った利率と利息制限法の上限の差額分を引き直し計算し過払い金を算出します。

算出された過払い分を融資を受けた貸金業者に返還すればいいのですが、融資を受けていた業者が複数あって過払い分の計算が複雑だったり、貸金業者が取引履歴を提出しない場合は弁護士に相談することになります。
返還を請求できるのは最後に取り引きがあった日から10年なので、心あたりがある人は迅速に取引履歴の確認が必要です。